結婚祝金(披露宴に出ない場合)

祝金にするか品物にするか?

全体的に、披露宴に出席する場合に比べて出席しない場合は、品物を贈る場合が多いようです。しかし、先方に気を使わせてしまわないように、品物の金額は常識の範囲内で決めるようにしましょう。
披露宴に招かれていない場合のお祝いは、先方が新婚旅行から帰った頃に届くようにしましょう。
現金を現金書留で送る場合もありますが、その場合は、現金書留封筒に折らずに入る小さめの祝儀袋に現金を入れ、手渡す場合と同じように、表書きをして送ります。

披露宴に欠席する場合

披露宴に欠席する場合は、出席する場合のお祝金の半額程度を目安にします。
また、披露宴の直前に急な都合などで欠席する場合は、相手に迷惑をかけたことも考えて、出席した場合と同等の金額を包むのがマナーでしょう。

祝金の相場

本人との関係 金額の目安(相場)
勤務先の上司 1万程度
勤務先の同僚 3,000~1万円
勤務先の部下 5,000~1万円
兄弟・姉妹 1万~5万円
甥・姪 1万程度
いとこ 1万~3万円
その他の親族 1万程度
友人・知人 5,000~1万円
隣・近所 5,000~1万円

予算別喜ばれる結婚祝品例

1万円以上 5千円全拇 3千円前後
コーヒーメーカー、ホットプレート、ペアクッション、ふとん乾燥機、夫婦パジャマセット、掛け時計 etc 観葉植物、トースター、スリッパセット、ベッドカバー、日曜大工セット、救急箱一式、家庭医学大事典 etc 耐熱ガラス鍋、ナイフ・フォークセット、防災セット、エプロン、料理本 etc

いずれにしろ、品物を選ぶのはなかなか迷うものです。もし、贈る相手がごく親しい友人などの場合でしたら、直接「欲しいもの」「必要なもの」を聞いてみるのも良いでしょう。ただしあくまで、親しい間柄での場合です。

Filed under: 結婚祝 — admin 11:09 PM