二次会出席のマナーと相場(費用)

二次会にお祝金やプレゼントは不要

披露宴の後、友人や親しい人たちが集まって二次会をやることは良くあることです。その二次会にも、いくつかマナーがあります。
まず、二次会の会費は新札で用意し、お釣りのいらないように準備するのがマナーです。
二次会が会費制なのは、二次会参加者にお祝いの心配をさせないためでもあるので、基本的には、会費以外のお祝いは必要ありません。
特に親しい友人で、会費以外にぜひともお祝いをしたいという場合は、相手の負担にならない程度の品物を、仲間と連名で贈るのが一般的です。
また、お祝いの品を当日に受付で渡すと、持ち帰りに荷物となり負担になりますので、挙式前に届けておくようにしましょう。

披露宴から続けて出席する場合

披露宴から続いて二次会に出席する場合もままあることです。そうすると、皆同じ袋で同じ引出物を持っているはずです。ですので、自分のものと他人のものと取り違えないように、自分の荷物には、目印や名札をつけて明確に区別しておくようにしましょう。

二次会の会費の目安

男性 6,000円~10,000円
女性 5,000円~7,000円

※二次会の平均的な出席者数は50人前後。飲み物代などを考慮して女性の方が低い金額になっています。これはあくまで一例です。

二次会でのマナーの一例

  • 自分たちのグループだけで、新郎新婦を長時間独占しない。
  • 特定の人だけと話し込むのではなく、ゲームや会話を楽しむようにする。
  • 新郎新婦に無理にアルコールをすすめない。
  • 新郎新婦は慣れない披露宴で疲れているため、三次会、四次会と連れ回さない。
  • 他の人の迷惑になるので、アルコールの飲み過ぎには注意。

Filed under: 二次会 — admin 8:11 PM