司会者を頼まれたら

司会者は披露宴のリード役

最近は、プロの司会者を頼むことが多くなっているようですが、どちらにしろ、披露宴の進行をうまくリードしていくという大変重要な係が司会者です。披露宴のムードを左右すると言っても言い過ぎではありません。前もって新郎新婦との打ち合わせを十分に行い、進行表を作成しておきましょう。あまり窮屈な時間構成にならないように、多少余裕を持たせておく方がよいでしょう。

披露宴の最中は、会場係とも連絡を取り合い、開宴中はリード役、引き立て役に集中します。
また、来賓の氏名や肩書き等を間違えないように、しっかりと確認しておきましょう。

司会の披露宴開宴までのタイムスケジュール










進行表 時間の目安や、新郎新婦、招待客に関する情報を記載しておく。また、個人の氏名にはふりがなを振っておくことも忘れずに。
時計 進行具合を確認する。
席次表 スピーチをする一ナノの席に印を付けておくと便利。
筆記具 途中で思いついたことをメモしたり、終了した内容を消したりしていく。

司会の披露宴開宴までのタイムスケジュール


披露宴の1ヶ月前 新郎新婦と打ち合わせて進行表を作る。
披露宴の1週間前 会場の雰囲気や設備を下見。
披露宴の2時間前 会場到着。両家に挨拶し、新郎新婦と最終打ち合わせ。
披露宴の30分前 祝電のチェック。会場係と打ち合わせ。
披露宴の2~3分前 主賓が入場してから会場へ入る。空席を確認、主賓と乾杯の音頭をとってくれる人に挨拶。

Filed under: 披露宴 — admin 11:39 AM