招待状への返信

返信はお早めに

結婚式への招待状が届きました。たいていの場合は、返信の期日が記載されています。招待状を受け取ったら、同封されたはがきを使って、期限に間に合うようになるべく早く返事を出すのが当然の礼儀です。仕事などの関係で、当日の予定が立たない場合でも返事を先延ばしにすることなく、その旨を電話で伝え、はっきりしたら改めて連絡するようにきちんと伝えておきましょう。
また、出席・欠席にかかわらず、余白には必ずお祝いの言葉と招待に対する感謝の気持ちを書き添えましょう。

欠席する時には

仕事の都合が付かない…、病気療養中で…など、様々な理由で欠席せざるをえない場合もあります。やむを得ず欠席する場合は、その理由を具体的にかき、お詫びの言葉を添えましょう。弔事が理由で出席できない場合は、「残念ながら、当日はやむを得ない理由で…」などと、その欠席理由を曖昧にしておくのが無難です。
いずれにしても、前もってお祝いの品を届けるとか、当日に祝電を打つなどで、礼を尽くすのは当然です。

披露宴の出欠の返事には、いずれの場合でもお祝いの言葉を添えるのが礼儀です。

  • 相手が友人なら「おめでとうございます。××さんなら、きっと明るい家庭を築かれることでしょう。当日は×××の理由により出席することができません。お二人の末永い幸せをおいのりしています。」
  • 相手が目上の方なら「ご結婚おめでとうございます。残念ながら当日は×××のために出席できませんが、お二方の末永いご多幸を心よりお祈り申し上げております」

等と書き添えるようにします。

返信用はがきの書き方

表書き
宛名の下の「行」を2本線で消して「様」にする。
裏書き
「御欠席」または「御出席」を2本線で消し、「御出席」(または「御欠席」)の「御」を消して、下に「させていただきます」と書き加える。「御住所」の「御」と「御芳名」の「御芳」も消すのを忘れずに。さらに、お祝いの言葉を添えるとていねいですね。 欠席の場合は、具体的な理由を書きますが、弔事が理由の場合は「やむを得ない事情~」とぼかした方が無難

Filed under: 招待状 — admin 10:07 AM